ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト神社・寺・教会リサーチ

神社・寺・教会情報

神社の設備



神社のご神体や社格(=ランキング)は、神社によってそれぞれ異なっていますが、神社に備えられている建物や設備、それらの配置などについては共通点が多く、基本的にはどの神社にもほぼ同じ物が備えられています。

入り口から拝殿前まで

一般的な神社の設備には、以下の物があります。

鳥居

入り口には、聖なる世界と俗世間とを分ける結界である「鳥居」が建てられています。大規模な神社では入り口だけでなく、参道沿いの途中にも鳥居が建てられていることもあり、本殿から遠い順に「一の鳥居」「二の鳥居」「三の鳥居」と呼ばれることもあります。

鳥居の形は神社によって異なり、細かな部分の違いが様々に見られますが、大きく分けて「神明鳥居」と「明神鳥居」の二種類に分類されており、「神明鳥居」は縦の柱も横の柱も直線的な鳥居で、「明神鳥居」は天の部分の笠木(かさぎ)と島木(しまぎ)が反っていて、左右の端が高くなっています。

参道

鳥居から拝殿まで続く道が「参道」です。参道は参拝者が拝殿まで行くための道であることはもちろん、神が通る道であることを忘れてはなりません。本殿の神が俗世間に渡る際に通る道が参道の中央部であり、ここを「正中(せいちゅう)」と呼びます。そのため、参拝者は参道の真ん中を歩いてはならないとされています。参道の両脇には神に灯かりを献上するための「灯篭」が配置されます。

神社によっては参道に小石が敷き詰められていますが、これは「玉砂利(たまじゃり)」と呼び、参道を清め、また踏みながら歩く人の心を清めるために敷かれているのです。

手水舎(てみずや/ちょうずや)
参道の脇、拝殿に近づいた辺りには、参拝の前に手や口を清めるための「手水舎」があり、多くの神社では、水盤を囲むように建てられた4本の柱に屋根を乗せた手水舎になっています。
古札納所(こさつおさめしょ)
古いお札やお守りを納める場所が「古札納所」です。新しいお札やお守りを頂いたら、古い物をこれまでの感謝と共にお返しする気持ちで納めます。
社務所
神社の業務を執り行なうための建物です。正式参拝の申込みや、お守りやご朱印、おみくじなどの授与をこの社務所で行なう神社も多くあります。
神楽殿(かぐらでん)
神に奉納する歌舞、すなわち「神楽」を奏するための殿舎です。

拝殿・本殿

参道の終点にあるのが「拝殿」です。この拝殿が神社で最も大きな建造物である場合が多く、その奥に「本殿」があります。

拝殿
参拝者が神に拝礼を行なう場所が「拝殿」です。拝むだけでなく、祭礼のあとにお神酒や神饌(お供え物)を頂く「直会(なおらい)」を行なう場所でもあるため、建造物が大きく造られています。神社の顔として、参拝者にとって最も目に付く建物です。
本殿
拝殿の奥に、神霊を祀る「本殿」があり、神社の中で最も神聖かつ重要な建造物で、その内陣にはご神体が安置されています。

摂社(せっしゃ)・末社(まっしゃ)

神社の境内には、小さな境内神社が備わっていることも多く、神社の主祭神と縁故など関係の深い神を祀っているのを「摂社」、それ以外を「末社」と呼びます。