ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
神社・寺・教会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

神社・寺・教会情報

神社の本殿と建築様式



本殿は神霊を祀るための建物で、神社内の建造物の中で最も神聖で重要な物です。私たちが参拝することのできる拝殿の奥にある本殿の建築様式は、仏教伝来よりも前の形式と、仏教伝来後に寺院建築の影響を受けた形式に分けられます。

仏教伝来以前の本殿建築様式

上古の本殿建築は直線的な形状の屋根を持ち、棟(むね=屋根の上部)に千木(ちぎ)や鰹木(かつおぎ)などが設けられている特徴が見られ、仏教寺院建築の影響を受ける前の本殿建築様式には、主に以下の種類があります。

住吉造
妻入り(棟に対し垂直の方向の壁に入り口が設けてある形式)・切妻造の形式で、住吉大社(大阪府)が代表的な神社であるためこう呼ばれており、間口に対して奥行きが長いこの形式のルーツは、天皇が即位後に神と共に食事をするための建物「大嘗宮(だいじょうきゅう)」にあるとされています。
神明造
平入り(棟に対し平行方向の壁に入り口が設けてある形式)・切妻造で、伊勢神宮(三重県)に代表され、住吉造とは反対に奥行きよりも間口が広く、弥生時代の高床式倉庫から発展した形式だと考えられています。
大社造
妻入り・切妻造の形式で、出雲大社(島根県)の建物が代表的な物として挙げられます。間口と奥行きがほぼ同じ長さの正方形に近い比率で、祭祀に使用されていた宮殿から発展したと推測されており、入り口は中央部を避けた場所に設けられ、建物内部中央部には太い「岩根御柱(いわねのみはしら)」があり、これを神の象徴として祀ってあります。

仏教伝来以降の本殿建築様式

大陸から仏教が伝来すると、本殿や拝殿の屋根に反りが付けられるなど、寺院建築の影響が神社建築にも見られるようになりますが、すべてにおいて仏教色に染まることは決してなく、寺院建築との違いを残すことを意識していた形跡が随所に見られます。

流造(ながれづくり)
平入り・切妻造で、全国に最も分布している建築様式。この造には千木や鰹木は設けられていません。最大の特徴は、正面側の屋根が反対側に比べて長く、大きな反りが加えられている点です。
春日造
妻入り・切妻造で、正面入り口の庇(ひさし)と、屋根の千木・鰹木が設けられているのが特徴。代表例に春日大社(奈良県)などがあります。
日吉(ひえ)造
平入り・入母屋造で、屋根側面に破風が入れられた形式。神仏習合の影響が強く、千木や鰹木は設けられていません。代表的な物には日吉(ひよし)大社(滋賀県)などがあります。
八幡(はちまん)造
平入り・切妻造で、本殿に加えて、奉祀目的の外殿と内殿が並び、「相の間」が繋いでいる形式。代表例に宇佐神宮(大分県)などがあります。
権現造
平入り・入母屋造で、拝殿と本殿の間に「石の間」を設けた形式。日光東照宮(栃木県)など、実在した人物を神として祀ってある神社に多く見られます。
浅間(せんげん)造
平入り・切妻造で、二階建ての建築様式。本殿の下層部は寄棟造、上層部は流造の本殿を乗せたもの。代表例に富士山本宮浅間大社(静岡県)があります。

神聖の象徴・千木(ちぎ)と鰹木(かつおぎ)

神社建築様式の特徴に、先述の「千木」や「鰹木」があります。

「千木」とは、本殿屋根にV字型に設けられた物であり、先端を水平に切った「女千木(めちぎ)=内削ぎ」と、垂直に切った「男千木(おちぎ)=外削ぎ」の二種類があり、また「鰹木」とは棟に乗せて並べられた物で、神社によって数が異なっています。

これらの千木や鰹木は、神聖なる神社の象徴として古来より設けられ、仏教伝来以降にも伝統的神社建築様式を守ろうとする考えのシンボルとして使用されてきました。