ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト神社・寺・教会リサーチ

神社・寺・教会情報

参拝の仕方



参拝をする際には、神社とは神霊が宿る聖なる場所であることを忘れてはなりません。そのためには、正しい参拝マナーがあることを覚えておく必要があります。鳥居の内側は神が占有する区域であるため、参拝マナーは、鳥居での一礼から始まり、参道の端を歩き、まず手水舎(てみずや)に向かい、その後拝殿へと進みます。

手水舎での作法

手水舎は、神前に出るために身を清める場所。ここでの作法は、「禊(みそぎ)」を簡略化した物です。「禊」とは本来、川に入って心身を清める儀礼で、清浄を好み穢れを厭う神の前に出るためには欠かせない行為ですが、日常的に参拝する際に禊は適していないため、手水舎での作法が確立されました。

まず、手水舎の前で一礼をし、右手で柄杓を取り、柄杓にすくった水で左手をすすぎ、次に柄杓を左手に持ち替えて右手をすすぎます。その後、左手に水を受けて口をすすぎ、改めて左手をすすいでから柄杓を立てて、残りの水で柄杓の柄をすすぎます。水を使い切ったら柄杓をもとの場所に伏せ、水で清められた手や口元はタオルなどで拭かず、濡れたままにしておき、自然に乾燥させましょう。

この一連が手水舎での作法ですが、してはならない行為ながらしばしば見られる光景もあるので注意が必要です。例えば、口をすすぐ際に柄杓に直接口を付けて水を含むことや、水を汲み直すことはしてはなりません。また、一連の行為を水盤の上で行なうことも避けましょう。

手水舎で心身を清めたら、拝殿へと向かいます。

参拝の作法

拝殿で神に向かい、神への感謝と礼を尽くすことを誓う儀礼が参拝です。

神社の参拝には「拍手」と「拝」が重要な行為。「二拝二拍手一拝」、すなわち二度の拝礼をし、二回拍手をしたあとで再び一度拝礼をすることが神社の参拝の基本となっています。

拝殿の前に来たら、まず賽銭を入れ御鈴(みすず)が設けてある神社であれば鈴を鳴らします。この際、賽銭箱に向かって賽銭を投げ入れるケースがしばしば見受けられますが、これは神に対して物を投げるという失礼な行為となるので注意が必要です。

次に姿勢を正し衣服の乱れを整えてから、軽く一礼をします。その後深く二度拝礼をしますが、この際は腰から上を伸ばしたまま直角に折るように深く行なうことがポイント。その後二回拍手をし、手を合わせて祈ります拍手をするときには、右手を少し下へずらし、心持ち手のひらを丸めるようにすると良い音が響きます。最後に一度深く拝礼をします。この一連が「二拝二拍手一拝」です。

この「二拝二拍手一拝」は、弥生時代から伝えられている古い作法であると考えられており、最も一般的な参拝作法ですが、歴史の古い神社の中では独自の参拝儀礼作法が伝えられているところもあります。例えば、伊勢神宮(三重県)では八回の拍手を打つ「八開手(やひらで)」が、出雲大社(島根県)や宇佐八幡宮(大分県)では二度の拝礼のあとで四回拍手をする「二拝四拍手一拝」が現在でも伝えられています。

参拝とは、神にしたがう気持ちを表明する行為ですので、姿勢を正して気持ちを込めた参拝をすることで、神への感謝を伝えたいものです。