ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
神社・寺・教会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

神社・寺・教会情報

神前結婚式・神葬祭



縄文時代の自然崇拝から弥生時代の稲作伝来を通じ確立されてきた神道。その長い歴史に比べ、神社で行なう神前結婚式や神葬祭が一般的になったのは、実は意外と最近のことです。

最初の神前結婚式

神社で生涯の伴侶との契りを結ぶ神前結婚式が最初に執り行なわれたのは、1900年(明治33年)5月。のちに大正天皇となる当時の皇太子・嘉仁親王と、のちの貞明皇后である九条節子(さだこ)の婚儀が行なわれたことが神前結婚式の第一号です。それ以前の婚礼は、一般的には家庭に参列者を招いて行なわれており、床の間に神像や縁起物の掛け軸を掛けた座敷が婚礼の場所として使用されていました。新郎新婦は、神像を前に三三九度の盃を交わして、社会的に夫婦として認められるとされており、現在の神前結婚式に比べると厳粛さはいささか軽めであったようです。

しかし、大正天皇の婚礼ののちに神前結婚式は全国で流行し、ポピュラーな婚礼儀式へと変化していきました。

神前結婚式の式次第

現在、行なわれている神前結婚式は、以下のような式次第で進行されます。

修祓(しゅばつ)
神を招く前に、供物である神饌(しんせん)や参列者を祓い清めます。
斎主一拝(さいしゅいっぱい)~献饌(けんせん)
婚礼の儀が始まるにあたり、斎主(=神職)が神前で一度拝礼をします。その後、供物を神に献上します。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が結婚の祝福の言葉である祝詞を奏上し、神に結婚の報告、及び新郎新婦の加護祈願をします。
三献(さんこん)の儀
新郎新婦が三つ組の盃で三度ずつ三回神酒を飲む、いわゆる「三三九度」の盃を交わします。
誓詞(せいし)奏上
新郎新婦が神に誓いの言葉を奏上します。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串を、斎主~新郎新婦~媒酌人の順で神に捧げます。
親族固めの杯
両家の親族の間で神酒を飲み交わし、親族間の絆を固めます。

神葬祭

神式の葬儀・神葬祭が行なわれるようになったのは室町時代以降と、こちらも長い神道の歴史の中で見るとその歴史は比較的浅く、一般的に広まったのは明治時代以降のことです。中世まで神葬祭が行なわれていなかった理由としては、神道が死の穢れを嫌う傾向が強いことが考えられます。神道においては、死者は神の世界である「常世の国」に帰るとされており、その後は子々孫々を見守る「祖霊」、つまり神になるからです。一方で、近世に神葬祭が執り行なわれるようになったのも、またこの考えに基づいており、神葬祭を通じて死者を神として祀り、家の守護神となってもらうことを目的としています。

神葬祭の次第

神葬祭には、以下のような一連の儀式があります。

通夜祭
仏教式の葬儀の通夜に相当する物です。
遷霊(せんれい)祭
仏教式の位牌に当たる「霊璽(れいじ)」に死者の霊魂を移し止める儀式です。
発柩(はっきゅう)祭
柩を葬場へと移動させる際に、霊前に報告する儀式です。
葬場祭
仏教式の告別式に相当する物で、神葬祭で最も大切な儀式です。
火葬祭
火葬をする儀式で、火葬場では神職により火葬詞(祭詞)が奏上されます。
埋葬祭
遺骨を墓所に納める儀式で、神職が埋葬詞を奏上します。
帰家(きか)祭
喪主と縁者が埋葬し終えたら帰宅し、霊前に神葬祭が完了したことを報告します。
五十日祭
死後50日目経つと忌み日が明け、一連の神葬祭が終了します。