ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト神社・寺・教会リサーチ

神社・寺・教会情報

各宗派のご本尊



日本の伝統的仏教宗派には、法相宗、華厳宗、律宗、天台宗、真言宗、日蓮宗、浄土宗、浄土真宗、時宗、融通念仏宗、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の計13宗派が存在。

それぞれの宗派に属するお寺には、その宗派が定めたご本尊が安置されており、大切に扱われています。

「ご本尊」とは

「ご本尊」とは、寺院などに置かれている最も重要な仏像、または菩薩像のこと。また寺院の本殿の他、一般家庭の仏壇にもご本尊や掛け軸が据えられています。

同じ仏教でも、それぞれの宗派によって信仰対象が異なるため、ご本尊にも違いがあるのです。

それぞれの宗派のご本尊

それでは、各宗派のご本尊を見ていきましょう。

法相宗(ほっそうしゅう)
奈良時代の南都六宗の中でも最も栄えた宗派である法相宗。遣唐使として唐に渡り、三蔵法師・玄奘(げんじょう)に使えた道昭(どうしょう)が日本にもたらした宗派です。ご本尊は「唯識曼荼羅(ゆいしきまんだら)」、もしくは「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」とも言われますが、特定のものはないとされています。
華厳宗(けごんしゅう)
観光名所としても有名な奈良の東大寺を大本山とする華厳宗のご本尊は「毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)」です。こちらは「奈良の大仏」の名前でも親しまれている有名なご本尊。毘盧遮那仏は、太陽のように光明を放つ仏で、この光明によって迷える人々を浄土である華厳世界に導くと言われています。
律宗(りっしゅう)
中国から来日した高僧・鑑真(がんじん)が興したのが律宗。鑑真が建立した唐招提寺(とうしょうだいじ)を総本山とし、華厳宗と同じく「毘盧舎那仏」がご本尊として安置されています。
天台宗(てんだいしゅう)
比叡山延暦寺を総本山とする天台宗は、すべての人を救う仏教として最澄(さいちょう)が開いた宗派です。本尊に定めはないと言われていますが、法華経を中心としていることから「釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)」、または延暦寺に安置されていることから「薬師如来(やくしにょらい)」、その他にも「阿弥陀如来(あみだにょらい)」が挙げられることもあります。
真言宗(しんごんしゅう)
空海(くうかい)が開いた真言宗は、日本で初めて確立された本格的な密教として知られています。ご本尊は、この世の最高位の存在である根本仏とも言われる「大日如来(だいにちにょらい)」です。
浄土宗(じょうどしゅう)
浄土教系に属し、法然(ほうねん)によって開かれた浄土宗は、ご本尊を「阿弥陀如来(あみだにょらい)」としています。右に「観音菩薩(かんのんぼさつ)」、左に「勢至菩薩(せいしぼさつ)」を祀ることもあります。
浄土真宗(じょうどしんしゅう)
浄土真宗の開祖・親鸞(しんらん)は浄土宗の法然を師としており、教えの基本は浄土宗と同じ。「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えることで、ご本尊である「阿弥陀如来」がいる極楽浄土へと往生できるという教義を持っています。
時宗(じしゅう)
一遍(いっぺん)が開いた時宗は、踊念仏や賦算(ふさん)などユニークな布教手段で有名。浄土教系のひとつであり、ご本尊は「阿弥陀如来」です。
融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう)
浄土信仰から興った宗派のひとつで、ご本尊は「十一尊天得如来(じゅういっそんてんとくにょらい)」。これは中央に阿弥陀如来、周囲に10体の菩薩が囲む曼荼羅(まんだら)を指し、融通念仏宗特有の呼び方です。
日蓮宗(にちれんしゅう)
経典「法華経」の教えにしたがい、苦難に満ちた現世を浄土に作り変えることを唱えた日蓮が開祖。ご本尊には「釈迦牟尼仏」、如来や菩薩の名を書き連ねた「大曼荼羅(だいまんだら)」が挙げられます。
臨済宗(りんざいしゅう)
禅宗のひとつである臨済宗は、経典や教えに依存せず、師から弟子へ以心伝心によって教えを伝えていくべきという考えが特徴。すべてのものに仏性を見て礼拝するという教えからご本尊も定めはありませんが、「釈迦牟尼仏」が祀られることが多く見られます。
曹洞宗(そうとうしゅう)
道元(どうげん)が開いた曹洞宗は、悟りを求めずただひたすら坐禅に打ち込むことを重要とする禅宗の一派。大本山を永平寺總持寺とし、ご本尊の「釈迦牟尼仏」が安置されています。
黄檗宗(おうばくしゅう)
江戸時代のはじめ、明から来日した隠元(いんげん)によって開かれたのが黄檗宗です。禅宗系に属しますが、浄土宗の影響も受けており念仏と坐禅を組み合わせた「念仏禅」が特徴。臨済宗と同じく、特定のご本尊はないものの「釈迦牟尼仏」が祀られることもあります。