ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト神社・寺・教会リサーチ

神社・寺・教会情報

「僧侶」とは



親しみを込めて「お坊さん」とも呼ばれる僧侶。葬儀や法要などを執り行なう人物というイメージが強いですが、元々の僧侶の役割とは違います。こちらでは、僧侶の歴史や役割についてご紹介しましょう。

「僧」の意味

「僧」、または「僧侶」という言葉は、古代インドで使用されていたサンスクリット語の「サンガ」の音を漢字で表記した「僧伽(そうぎゃ)」に由来。僧伽は「仏教において出家した修行者の集団」という意味を持つため、厳密に言えば「集団」を指す言葉ではありますが、日本では個人でも「僧」という言葉が使われています。

古代インドにおいては、男性の出家者のことは「比丘(びく)」、女性の出家者のことは「比丘尼(びくに)」という名称が使用されていました。

比丘や比丘尼になるためには、一切親族との縁を切り財産も捨て、「具足戒(ぐそくかい)」と呼ばれる規則を受けるという厳しい決まりごとがあったのです。

具足戒(ぐそくかい)
本格的に僧侶を目指すにあたり、誓う戒律のことを「具足戒」と言います。比丘に定められた具足戒の数は250戒、比丘尼に定められた具足戒は348戒と、細部に亘る厳しい戒律が授けられました。

日本における僧の歴史

聖徳太子によって定められた「十七条憲法」の二番目の条項に「篤く三宝を敬え。三宝とは仏と法と僧となり」という文言があるように、僧は古くから偉大な人物として扱われてきました。

しかし、仏教が日本に広まりつつあった当時、実は具足戒を受けた正式な僧は存在していなかったのです。制度が整っていない状況下において僧は増えて行く一方で、中には満足にお経も読めない僧侶すら存在しました。このような環境を改めたのが、中国から来日した高僧・鑑真(がんじん)です。

受戒制度の確立

聖武天皇によって呼び寄せられた中国の高僧・鑑真は、旅の途中で失明しながらも日本へと渡り「律宗(りっしゅう)」の開祖となった人物です。

資質に欠ける僧が増えていた日本に正式な受戒制度をもたらし、東大寺、太宰府の観世音寺、下野(しもつけ)の薬師寺に戒壇院(かいだんいん)を設立しました。

これにより日本の仏教界は刷新され、朝廷も租税や軍役逃れの私度僧(しどそう)を取り締まることができるようになったのです。

僧の役割

このように、僧侶になるためには厳しい条件を乗り越えることが求められていますが、僧侶の役割とは一体どんなことでしょう。

そもそも「僧」とは仏教の教義のもと、修行によって煩悩を捨て、悟りを開き、教えによって人々を救済する役目を担っていました。

しかし江戸時代に入ると、徳川幕府は庶民を統治するために仏教を利用します。これがきっかけとなり、僧や寺の役割が現在に近いものになりました。それが、「檀家制度(寺請制度)」と呼ばれる制度です。この制度は元々、キリスト教徒の弾圧や、現在の戸籍に当たる「宗門人別帳」を各お寺で管理させることにより、民衆調査を可能にするために作られました。

庶民はいずれかのお寺を「檀那寺(だんなでら)」とし、その「檀家(だんか)」となることが義務付けられ、檀家は、檀那寺に対しお布施を納める必要があり、その代わりに檀那寺は檀家の葬儀やお墓の管理などを引き受けることとなったのです。

昔程厳しい決まりはないながらも、特に地方では現代まで「檀家」と「檀那寺」という関係を続けている家が多く、檀家は葬儀や法要の際は檀那寺に依頼することになっています。