ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト神社・寺・教会リサーチ

神社・寺・教会情報

僧侶になるには



日本において僧侶を目指す人のほとんどは、身内や家系が関係していると言われています。しかし、もちろんお寺の子どもでなくとも僧侶になる方法は、いくつか用意されています。こちらでは、僧侶になるための段階や修行についてご紹介しましょう。

大学で仏教を学ぶ

僧侶を目指すにあたり、仏教系の大学に入学するという方法が最も王道です。また仏教系以外の大学でも、仏教を専門で学べる学部が設置されているところもあります。

主な仏教系大学

各宗派の主な仏教系大学は、以下の通りです。

師匠を探す

僧侶になるためには、どの宗派にも共通して「得度(とくど)」という儀式を受ける必要があります。「得度」とは、師となる僧侶について髪を剃り、仏の弟子として「戒法」を受け誓いを立てる儀式のことです。

「得度」とは、かつて肉親とも絶縁し完全に俗世と決別するという意味を持った儀式でした。近代では肉親と縁を切るとまではいきませんが、それでも長い一生を僧侶として生きていく決意を表明するための大切な過程であることには間違いありません。

得度をするには、まず師僧と師弟関係を結ぶことから始まります。実家や親族がお寺である場合は、師匠を見付けることに困りませんが、そうでない人にとって師匠を探すことは簡単ではありません。

まずは自分と一番身近なお寺に相談してみるのも良いでしょう。その宗派によっては、坐禅会などが開かれることがありますので、そちらに何度か参加して僧侶との縁を結ぶといった方法もあります。

修行期間

こうして無事得度を受けると戒名が与えられ、僧籍に登録されます。しかし、まだ一人前の僧侶として認められる訳ではありません。僧侶の仲間入りを果たしたあとは、寺院に奉職して修行の始まりです。期間は各宗派によって異なりますが、一般的には2年間程度。修行の内容もその宗派によって様々ではあるものの、修行が厳しいものであるということは共通しています。

朝日が昇るのよりも早く起床して、掃除や朝食の仕度をすることから始まり、坐禅や読経の練習を行ないますが、基本的に見習いの期間中は自由に外出することは禁じられており、ひたすら修行に専念することが求められるのです。

僧侶に求められる資質

このようなことからも、僧侶になるまでの道のりはとても厳しいものであることが想像できます。僧侶になるということは、修行期間だけではなく一生を通して修行を重ねていくということ。そのため、仏道に入るにはまず忍耐力が求められます。

さらに、僧侶の大切な役割のひとつが「人との繋がり」です。己と向き合い、ときには孤独に耐えながら修行を積む反面、お寺の住職に就くと様々な人の相談ごとや法事を受けることとなります。その場面に応じ、聞き上手にも話し上手にもなり、親身になって対応する力が求められます。

仏教の教えを通じ、悩める人々に救いの手を差し伸べることは、僧侶として一番大切な役目なのです。