ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
神社・寺・教会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

神社・寺・教会情報

近畿地方の寺



日本で一番多くの寺院が集まる近畿地方。日本を代表する寺がたくさんありますが、こちらでは数多くの名僧を輩出した「比叡山延暦寺」と、宗教都市として活躍を続ける「高野山金剛峯寺」をご紹介します。

比叡山延暦寺(滋賀県)

天台宗の総本山である比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)。鎌倉時代には、今日に伝わる日本仏教の各宗派を開いた僧侶たち、法然・親鸞・一遍・真盛・良忍・栄西・道元・日蓮らの修行の地ともなりました。彼らは比叡山延暦寺を母山とし各々の教えを開いていったことから、「日本仏教の母なる大寺」とも言われています。

伝教大師最澄

古代より「大山咋神(おおやまくいのかみ)」という神がいる場所として崇められていた比叡山。788年(延暦7年)に伝教大師の諡号(しごう)を持つ最澄(さいちょう)が、総本堂である根本中堂「一乗止観院(いちじょうしかんいん)」を創建したことが延暦寺のはじまりです。「延暦寺」という名は、朝廷から大きな期待を受けた最澄が当時の年号「延暦」を授かったと言われています。

最澄は真の指導者「菩薩僧」を育成するために、僧侶が比叡山にこもって長年修行を行なう教育を確立。その結果、延暦寺からは前述の通り仏教史に残る名僧を多数輩出することができたのです。

度重なる戦火と復興

延暦寺の最盛期であった鎌倉時代には、境内に3,000もの寺院がありました。しかし、室町時代になると寺の勢力があまりに大きくなったことから武士との衝突が勃発。特に有名なのが戦国時代に起きた織田信長による焼き討ちです。多くの僧侶が犠牲となり、伽藍(がらん)も焼失してしまいました。

その後、江戸時代に徳川家の保護により再興を遂げた延暦寺。ユネスコ世界文化遺産にも登録され、日本有数の大寺院、日本仏教のふるさととして多くの人に親しまれています。

本尊
薬師如来
住所
滋賀県大津市坂本本町4220

高野山金剛峯寺(和歌山県)

真言密教の聖地であり、和歌山県北東部に広がる高野山。この辺一帯の総称でもあり、高野山真言宗およそ3,600寺の総本山にあたるのが「金剛峯寺(こんごうぶじ)」です。「一山境内地(いっさんけいだいち)」とも呼ばれ、山すべてが境内地となっている高野山と金剛峰寺についてご紹介しましょう。

弘法大師空海がひらいた密教の修行道場

遣唐使の留学僧として唐に渡り密教を学んだ空海(くうかい)は、816年(弘仁7年)、嵯峨天皇より高野山を授けられたことをきっかけに、高野山金剛峯寺を開創しました。

空海の死後は、弟子であり実の甥でもあった「真然(しんぜん)」が約20年掛けて寺の造営や伽藍整備に取り組みます。以降、長い年月を掛けて発展した高野山金剛峯寺は、平安初期には最澄の比叡山延暦寺と共に、山岳仏教の拠点として活躍をしました。

高野山の壇上伽藍にある「根本大塔(こんぽんだいとう)」は、空海が発願し真然の時代に完成した建物。高さが48メートルもあるこの塔の内部は、立体の曼荼羅(まんだら)で構成されており、真言密教の根本理念を表しています。

現在の宗教都市高野山

高野山は、学校や商店街も備える巨大な宗教都市としても知られます。金剛峯寺以外にも東西に6キロメートル、南北に3キロメートルにわたる細長い盆地の至る所に、117寺もの寺院が点在しているのです。

また2004年(平成16年)には、金剛峯寺境内や建築物、高野山町石道、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつにも登録されました。今では、世界からも注目を集める真言密教の聖地として知られています。

本尊
薬師如来
住所
和歌山県伊都郡高野町高野山132