ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 阿吽
    あうん

    阿吽とは、最初と最後を意味する言葉。インドに古くから伝わる言語のひとつで、サンスクリット語では、「阿」(あ)は口を開けて発する音声であり字音の始め、「吽」(うん)は口を閉じる音声であり字音の終わりとなっている。この組み合わせにより、万物の始めと終わりを象徴する。特に密教においては「阿」を万物の根源、「吽」はすべてのものが帰り着く知徳と説かれる。また、寺や神社などに置かれる狛犬も阿吽を表す。狛犬は2体が対になっているが、よく見ると形が異なる。境内を正面に見たときに向かって右にあるのが獅子、左が狛犬。獅子は口を開けている「阿」であり、狛犬のほうは口を閉じている「吽」となっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る