ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 行宮
    あんぐう

    行宮とは、仮に建てられた神社の社殿のことを意味する。神様を他の場所へ移す遷座(せんざ)のときや、建替えのときなどに一時的に設けられる。火災など不慮の事故によって社殿が焼けてしまったときの急な措置として造られる場合もある。御座所(ござしょ)、行在所(あんざいしょ)、頓宮(とんぐう)とも言う。また、神社のみならず、天皇や皇帝などが外出するときに仮に建てられた居所についても行宮と呼ばれる。古くは神武天皇が、日向地方から大和地方への東征をしている途中に、現在の岡山県に位置する吉備国に営んだ「高島宮」(たかしまぐう)が有名。行宮は仮の建物でありながらその後も残されたり、跡地が史跡として指定されていたりする例もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る