ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • イコン
    いこん

    イコンとは、イエス・キリストをはじめ、聖人や天使を描いた絵画や画像のこと。聖書に登場する重要なエピソードや例え話、教会の歴史上の出来事をモチーフにした物もあり、ほとんどが平面で表現されている。キリスト教のなかでも正教会で多用され、「エイコーン」や「聖像」と称されることも。カトリック教会で同様の物が用いられる場合は「聖画像」と呼ばれる。イコンは教会の装飾や神礼の道具としての意味を持つのみならず、正教会では教徒がイコンに祈って口付けすることも少なくない。この場合、イコンその物は信仰の対象ではなく、イコンに表現されているもとの像が崇拝されていると解釈される。イコンの画家は自分のためではなく神の光栄のためにそれを描くので、自分の名を作品に記さないのが原則だ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る