ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 板塔婆
    いたとうば

    板塔婆とは、墓地に立てられる木製の長い板のこと。仏教の宗派によって用いられることがある。亡くなった人に対して、その冥福を祈って供養するために墓の脇になどに立てられ、「卒塔婆」(そとうば)とも言う。形は五輪塔に似ており、宝珠形、逆半円形、三角形、円形、長方形の物から成る。これにより宇宙を形成する5つの要素である空(くう)、風(ふう)、火(か)、水(すい)、地(ち)を表す。表面には梵字や経文、戒名などが書かれるのが一般的。納骨時に最初の板塔婆を立てて供養を行ない、そのあとは法要があるごとに新しい板塔婆に差し替える。板塔婆は12世紀末の絵巻「餓鬼草紙」に登場することから、平安時代末期あるいは鎌倉時代初期には存在したと考えられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る