ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 入母屋造
    いりもやづくり

    入母屋造とは、寺院などに用いられる屋根形式のひとつ。本を伏せたような2方向に勾配が広がる形の切妻造と、前後左右の4方向に勾配が広がる寄棟造を組み合わせた構造の屋根を指す。東アジアの伝統的な屋根の形としても知られる。日本では昔から切妻造の屋根は寄棟造の屋根より尊いとされてきたが、どちらも取り入れた形である入母屋造はさらに格式が高い物と考えられてきた。特に瓦葺きの入母屋造は、寺院や城郭でも各地に建築例がある。なかには京都御所の紫宸殿のように、切妻と寄棟の角度がひと続きでない物もあり、この場合は「錣屋根」(しころやね)と称される。入母屋造の代表的な建物は、奈良県の法隆寺金堂や新薬師寺本堂、京都府の平安神宮大極殿など。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る