ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 磐座
    いわくら

    磐座とは、神道において神が天下る岩のことを意味する。基本的には巨石を指すが、そのサイズは大きい物から小さい物まで様々である。神道はもともと社殿を持たず、山深くに位置する大きな岩に注連縄(しめなわ)を張って磐座とし、ここに神を出迎えたことが原始的な姿であるとされている。現在のように社殿を構えるようになったのは、仏教の影響である。神道の神は磐座に常に滞在しているわけではなく、儀式などを行なうときにそのつど招き入れる。その他に神がそのつど降臨するものとしては木製の依り代である「神籬」(ひもろぎ)などがあるが、磐座は特定の場所に置かれて基本的には動かせないという点で神籬とは異なる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る