ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 印相
    いんそう

    印相とは、仏教やヒンドゥー教の用語のひとつで、何らかの意味を持つ手の組み方やジェスチャー、形のこと。「印契」(いんげい)や「印」(いん)とも言う。多くの仏像は両手が象徴的な形になっているが、こうした手の様子が印相である。印相は数百種類以上あり、仏像がどんなご利益を持つのか、どのような宗派の像であるのか、と言ったことを知る重要なポイントになる。例えば、「鎌倉の大仏」として有名な神奈川県高徳院の本尊像は組んだ足の上で両手を合わせており、これは阿弥陀如来像の印相であり、最高の悟りの境地を示す。また、「奈良の大仏」と呼ばれる東大寺大仏殿の本尊像は右の手の平を見せるような形をしていて、これは人々に“畏れなくても良い”と力を与える釈迦如来の印相である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る