ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 団扇太鼓
    うちわだいこ

    団扇太鼓は、仏教の儀式で使われる特殊な道具のひとつ。仏教のなかでも日蓮宗と法華宗で主に使われることから、「法華の太鼓」(ほっけのたいこ)と呼ばれることもある。一般的な太鼓は木材などで作られた胴と呼ばれる部分の両端に膜が張られるが、団扇太鼓は丸い形をした枠に膜を1枚張ったもの。胴がないのが特徴で、形状が団扇に似ていることからその名が付いた。団扇太鼓は題目を唱えるときなどに声を上げて唱題しながら音を打ち鳴らして使用され、ドーン、ドーンと鳴らすことによってリズムを整える。使用場所は寺院において本尊を安置してある須弥壇や家庭の仏壇の前などで、室内のみならず屋外でも使われることがある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る