ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 衣鉢
    えはつ

    衣鉢とは、仏教のなかでも禅宗用語のひとつで、修行している人がいつも持っている食器と身にまとっている衣服のこと。「えはち」とも読む。衣服は三衣(さんえ)と呼ばれる3種類の袈裟(けさ)と、食器は一鉢と称されるひと組みの鉢である。出家するときには必ずこの三衣と一鉢を用意する必要があり、禅の修行僧の持ち物としてはたいへん重要な物。また、師が修業僧へ法を伝えた証として師の袈裟と鉢を弟子に授けることから、伝法をすることを「衣鉢を伝える」あるいは「衣鉢を継ぐ」と言う。さらにここから転じて、禅宗に限らず広く宗教や芸術、学問などの分野において師匠からその門下生へ授けられる奥義のことを、衣鉢と言う言葉で表現することもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る