ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 烏帽子
    えぼし

    烏帽子とは、日本で礼服着装の際に使われた帽子の名称。正装に合わせる冠よりは格式が低いため、普段着と一緒に用いられた。平安時代から着用する風習が広まり、成人の男性が被っていた。黒色で、位の高い人が被る物は最初絹で仕立てられたが、そののちには紙に黒漆を塗った物へと変化し、庶民が使う物は麻糸で織られた。烏帽子は、儀式の格式や身に付ける人の身分によって種類が分かれる。神官などが被る立烏帽子は古くから格式が最上級の物とされ、横から押し潰したような円筒形をしている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る