ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 鬼板
    おにいた

    鬼板とは、神社の社殿に使われる装飾のひとつ。屋根棟の端に取り付けられた板状のものである。歴史のある神社の本殿によく見かけることができる。瓦屋根の鬼瓦と同じような役割があり、板金屋根や檜皮葺(ひわだぶ)き、こけら葺きの屋根に用いられることが多い。鬼板の用途には諸説があり、風や雨にさらされる箱棟の端を補強する、火災予防など魔除けの象徴、宗教的な意味合いを持たせるために家紋を入れる、などのためと考えられている。デザインは様々で、鬼面のない物が一般的。板を彫って作った物や金属製などがある。また、瓦屋根の棟の端にセットされる鬼瓦のうち、鬼面が彫刻されていない瓦も鬼板と呼ぶ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る