ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 海宮伝説
    かいきゅうでんせつ

    海宮伝説とは、有名な民話のひとつである「浦島太郎」の原型になったとされる日本神話である。日本書紀と古事記のなかに登場する海幸彦(うみさちひこ)と山幸彦(やまさちひこ)の話のこと。山幸彦は神武天皇の祖父にあたる人物。この神話によると2人は兄弟であり、弟の山幸彦は山の猟が得意、兄の海幸彦は海の漁が上手であった。しかし、ある日猟具を交換して漁に出かけたところ、山幸彦が兄に借りた釣り針を失くしてしまう。兄に許してもらえずに山幸彦が困っていると、塩椎神(しおつちのかみ)に教えられ、小舟で綿津見神(わたつみ)の宮殿へ行くことになる。宮殿では海神である大綿津見神(おおわたつみ)に歓迎され、その娘である豊玉姫(とよたまひめ)と結婚。楽しく暮らすうち3年の月日が経った。山幸彦は地上へ帰り、失くしていた釣り針と霊力のある玉を豊玉姫から与えられ、この玉を使って海幸彦を懲らしめると言った内容である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る