ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 開祖
    かいそ

    開祖とは、最初に宗派を開いた人のことである。主に仏教の宗派に関して使う言葉であり、宗祖、開山とも言う。また、寺院を創設してその初代の長を務める人のことも開祖と呼ぶ。これに対して、キリスト教におけるイエス・キリスト、仏教におけるゴーダマ・ブッダなどひとつの宗教を創り上げた人は教祖と呼ばれる。開祖で代表的な人物は、天台宗の最澄(さいちょう)、真言宗の空海(くうかい)、浄土宗の法然(ほうねん)、浄土真宗の親鸞(しんらん)、臨済宗の栄西(えいさい)、曹洞宗の道元(どうげん)、日蓮(にちれん)宗の日蓮などである。彼らは開祖でありながら、時の経過とともに信仰の対象となっている。開祖が彫刻や絵画のモチーフにされることも多く、そうした作品は御影堂(みえいどう)や祖師堂(そしどう)に安置された。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る