ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 格衣
    かくえ

    格衣とは、日本の神社における神職の装束のひとつ。祭祀服としては正式な物ではないが、比較的シンプルで取扱いが容易なことから、日常的な祈祷や、地鎮祭など外で祭を奉仕するときなどに着用されることがある。略服とも言われる。神職に就く人は普段、白衣と身分に合った袴を着用しているが、格衣はその上に羽織って、丸緒などが付いた胸紐を前で結ぶだけで着装が可能。格衣は、直垂(ひれたれ)の上衣の脇を縫った形状をしている。脇は縫いつぶしをするか、千鳥掛けと呼ばれるチェーンステッチにするなど、ひだを付けて動きやすくした物がある。袖括りの紐は、本来は露先だけを表に出す「籠括(こめくくり)」が望ましいが、狩衣と同じにされるのが一般的。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る