ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 過去帳
    かこちょう

    過去帳とは、仏教の儀式で用いられる特殊なアイテムのひとつ。帳簿であり、なかには亡くなった人の戒名や生前の氏名である俗名、死亡年月日、享年などが記される。場合によっては位牌の代わりとしても用いられる重要な物。形式としては、和紙や洋紙を折り本または和本にした物に、布や唐木などで作った表紙を付けて仕上げられる。日付は入っている物とない物があり、前者の場合は、亡くなった日の欄に必要事項を記入するようになっている。これにより、亡くなった人の命日を確認し、追善供養や謝恩を行なうのに役立てることができる。寺院が所有する過去帳は個人情報保護の観点から閲覧禁止の扱いであることが多いが、在家信者の場合は仏壇のなかの見台に配置するのが一般的。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る