ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 拍手
    かしわで

    拍手とは、神社や神棚などにおいて、手を使って神に拝む行為のこと。「柏手」や「開手」(ひらて)とも表記する。両手を合わせて、一度左右に開いたのちに再び合わせるのが基本の動作。2度目に手を合わせるときに音を出すが、これには願いをかなえるために神を呼び出す、あるいは神への感謝や喜びを表す、邪気を祓うなど諸説ある。ただし、行事や目的によっては、音を出さずに打つ「偲手」(しのびて)」が推奨される。拍手の代表的な物は、神社の参拝作法「二拝二拍手一拝」である。また、神社によっては拍手の回数が異なり、伊勢神宮では拍手が8回、出雲大社や宇佐八幡などでは拍手が4回であったりと様々。他にも、神事の最後に一同で神酒や神饌を口にする直会では、1回だけ手を打つ「礼手」(らいしゅ)が用いられるなど拍手にはいくつかの種類がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る