ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 堅魚木
    かつおぎ

    堅魚木とは、神社の社殿に使われる装飾の一種である。本殿の棟の上に用いられることが多い。「かつおぎ」と呼び、「鰹木」、「勝男木」といった漢字でも表現される。形状は太い丸太であり、本殿の屋根の上にあたる棟の部分と直角に数本が間隔を空けて並ぶように配置される。もともとは風が吹いても草ぶきの屋根が飛ばされないように、棟と構造体をつなぐ部材として考案されたが、時代が経つにつれて神社の格や権威を象徴する色合いも強めていった。堅魚木の丸太の数は社殿によって違いがあり、その神社に祀られている神の性別に関連している。例外はあるものの、偶数ならば女性、奇数ならば男性の神となる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る