ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 家風
    かふう

    家風とは、それぞれの家における特有の雰囲気のこと。あるいは、その家に代々伝わる風習や流儀、作法などを意味する。日本では古代に氏制度が始まってから、先代が培った家の風格や財産、職業、さらには精神的な面での習わしも次の代へ伝え、維持することが重要とされる風潮があったため、それを実施するために家風が整えられていった。特に公家や武家などでは家訓や家法などとして家風を文書化することも行なわれてきた。また、仏教のひとつである禅宗において、修行をしている人に対する師の指導方針や、指導にまつわる独自の方法などのことも家風と呼ばれる。例えば、臨済宗の宗祖である故・臨済義玄(りんざいぎげん)は、警策や喝を使う激しい家風を持つことでも有名である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る