ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 狩衣
    かりぎぬ

    狩衣とは、神社で神職に携わる人が着る衣服の名称である。その神社の神主、あるいは神官や祝部(はふりべ)が着用する上着のひとつ。もともとは平安時代に公家の日常着として生まれ、狩猟のときに使えるよう、簡単に着られて動きやすい服として普及した。そののち、公的な服としての色合いを強めたが、そのときでも狩衣姿を着用して御所へ出入りすることは認められていない。当初は麻布で作られたが、次第に綾織の品物なども登場。裏地を付けて色目を重ねる製法が狩衣の美しさのポイントになっている。袖をくくる紐は薄平(うすひら)、厚細(あつぼそ)、左右縒(そうより)、籠括(こめくくり)と種類があるが、これは位階によるのではなく、着る人の年齢によって分けられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る