ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • カルト
    かると

    カルトとは、度の過ぎた教義を持つ新興の宗教集団のこと。また既存の宗教と新しい宗教を区別するために用いられる言葉。もともとは小集団を意味するが、現代では宗教に関する用語として浸透している。英語圏ではキリスト教をchurch(教会)、キリスト教の分派をsectと呼ぶが、異端と見られる小集団のことは「カルト」と称されることがある。カルトは世界各地にたくさん存在するが、強引な勧誘を行なったり、マインドコントロールによって組織に対する行き過ぎた忠誠を求めたり、多額の寄付金を収めさせたり、といった行為により、家庭崩壊や人格破壊などの問題を起こす例があり、社会問題となってきた。日本でも過去にはカルトの信徒が、教祖の死後に集団自殺をする事件などが起きている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る