ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 勧請
    かんじょう

    勧請とは、離れた場所にいる神や仏に対して、こちらへ来てくれるように祈り願うこと。本祀(し)の社に祀られている神の分霊を迎えて、新しく設けた分祀の社殿に迎え入れて祀ることを意味する。もともとは仏教の用語で、仏に願って説法をしてもらい、仏がこの世に永遠にあって人々を救ってくれるようにと請う、と言う意味であった。日本では神仏習合により、仏や菩薩が日本の神の姿を借りて人々を救うと考える「垂迹神」(すいじゃくしん)が生まれ、その神託を請うこと勧請としてきた。勧請された神は勧請神と呼ばれる。九州の宇佐八幡から勧請した東大寺八幡、鹿島・香取・枚岡(ひらおか)の各社から勧請した奈良の春日大社などが有名である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る