ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 記紀
    きき

    記紀とは、現存する日本最古の歴史書とされる「古事記」と、国内初の勅撰歴史書である「日本書紀」の総称。古事記は、天武天皇が稗田阿礼(ひえだのあれ)に繰り返し語らせた帝紀・旧辞を、元明天皇の命により太安万侶(おおのやすまろ)が書いて編集.し、712年(和銅5年)に完成した。上・中・下の三巻から成る。上巻には天照大御神(あまてらすおおみかみ)や、イザナミやイザナギなどにまつわる神代の話が書かれ、中巻や下巻では神武天皇から推古天皇まで続く歴代の天皇の業績を物語っている。日本書記は、同じく天武天皇の命を受けて舎人新王(とねりしんのう)らが編纂して720年(養老4年)に完成。全30巻から成り、古事記と同様に神代の話から始まり、持統天皇の代までについて書いた歴史書になっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る