ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 饗応
    きょうおう

    饗応とは、食べ物やアルコール類を提供して、他人をもてなすことである。あるいは、相手の言うことやすることに逆らわず賛成する、あるいは、へつらうと言う意味も持つ。その饗応を名前に含む饗応料理は、仏教においてある寺院の僧や修行僧などが、檀家の信徒からご馳走をふるまわれることを指す。饗応料理は本来、室町時代からある武家のおもてなし料理であり、戦国時代には客人をもてなす際にその料理の質が藩の威信を示す働きをするなど重要な役割も担った。時代を経て発展し、江戸時代にはより複雑となって、本膳料理へと昇華した。しかし、本膳料理は海の物、山の物、野の物、里の物と続き、ようやく饗応料理である本膳が登場するなど儀礼的な面も強く、明治時代以降には簡素化されたことで知られる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る