ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 経蔵
    きょうぞう

    経蔵とは、仏教の寺院として配される建造物のひとつ。経堂、経庫とも呼ばれる。釈迦の教えが集約された仏教における聖典「経典」(きょうてん)をはじめ、仏教に関する様々な書物をなかに収蔵する。寺院を構成する主要な建物群を「伽藍」(がらん)と呼ぶが、鎌倉時代の書物「聖徳太子伝古今目録抄」では、金堂、塔、講堂、鐘楼、僧坊、食堂と共に、伽藍を構成する7つの建物として経蔵が含まれている。書物をなかに置いておくための工夫として、かつては高床式の造りや調湿機能に優れた校倉造などが用いられていた。書架が回転できるようになっていて、そこに書物を納めた物もあり、こうした経蔵は「輪蔵」(りんぞう)と呼ばれた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る