ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 切麻
    きりぬさ

    切麻とは、神道に関する道具のひとつで、祭祀のときにお祓いに使われる。「きりぬさ」と読み、漢字では切麻あるいは切幣と書く。一見すると、いわゆる紙吹雪のような小さな紙片の集まりである。素材は麻か紙であり、小さな正方形に細かく裁って刻んで作られる。それを米と混ぜて木升や唐櫃などに入れておき、祈祷の儀式の途中で神前にまき散らす。これにより、祓い清める目的がある。麻と紙が混合になった物や、米だけでなく塩を混ぜることもある。お祓いや祈祷を行なうときには、大麻(おおぬさ)や神楽鈴(かぐらすず)、玉串(たまぐし)などと同様に神社が用意してくれる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る