ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 袈裟
    けさ

    袈裟とは、仏教の僧が身にまとっている衣装のひとつ。布状の簡素な衣装である。糞掃衣(ふんぞうえ)、福衣(ふくでんね)、法衣(ほうえ)とも呼ばれる。仏教では出家した僧侶は財産の所有を禁じられており、衣服も財産に含まれると考えられたので、ぼろ布や端布を集めて布を作り、身を覆ったことから袈裟が生まれた。のちに僧侶の衣装として定着し、日本では様々な色や布地が用いられ、その僧侶の位や特権を表す物に発展した。現代では、宗派や用途によって形状は様々であるが、小さく切った布を縦につないだ「条」(じょう)を縫い合わせて作る縫製法は共通しており、条の数が多いほうが尊いとされる。サオと呼ばれる肩紐は右肩の方を外すのが通例。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る