ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 顕現
    けんげん

    顕現とは、はっきりと現れることを意味する。神道においては依り代に神が依り着くことで顕現を感じられるとする。そもそも神道は本質的に無偶像であり、神を直接的に目で見たり実体として感じたりすることはできない。そのため、ご神体と呼ばれる依り代を通して、神の存在が示されてきた。依り代は神や精霊の出現を示す媒体となるもので、鏡、剣、玉、樹木、石、旗、柱、御幣、動物などあり、人間が選ばれると尸童(よりまし)と称されてきた。このとき、ご神体あるいは依り代は偶像とは異なり、神の顕現を行なうための道具であるとするのが神道の考え方である。神をひとつの場所に呼び寄せて顕現することができるのも、他の宗教にはあまり見られない神道の特徴と言える。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る