ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 荒神
    こうじん

    荒神とは、日本で古くから信仰を受けてきた神様のひとつ。不浄を嫌う神とされ、三宝荒神とも言う。仏教の仏とも、神道の神とも明確には分かっておらず、昔から土地に根付いた信仰の対象であるとする説もある。三宝とは火の神である「火産霊神」(ほむすびのかみ) 、かまどの神である「奥津比古」(おくつひこ)、「奥津比売」(おくつひめ)の3神のことを表している。荒神はキッチンに祀られるのが古くから習わしで、キッチンで一番必要とされる火と水を守ってくれるため、すべての災難を除いて衣食住に不自由しないと考えられてきた。荒神の名を持つ神社は国内各地に存在するが、特に西日本や瀬戸内海の周辺県に多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る