ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 講堂
    こうどう

    講堂とは、仏教にまつわる建物の名称で、僧が集まって講義や受ける場所のことである。説教を受けたり、問答をしたりすることにも使われる。大きな寺院では、仏教の聖典である「経典」をはじめとする書物を収納する「経蔵」(きょうぞう)など、用途別に小堂を設けられることが多いが、これらの小堂のひとつとして講堂が建てられてきた。寺院に関する建物群の総称である「伽藍」(がらん)のなかにあっても、講堂は鎌倉時代の書物「聖徳太子伝古今目録抄」で金堂、塔、鐘楼、経蔵、僧坊、食堂と併せて伽藍をなすのに欠かせない物とされている。配置は金堂のうしろであることが多い。大きさでは金堂に勝っても、装飾性は控えめにされるのが一般的。法隆寺の大講堂などが特に有名である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る