ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 狛犬
    こまいぬ

    狛犬とは、主に魔除けのために神社に置かれる動物型の像のこと。今ではほとんどが石像だが、昔はほとんどが木製であった。狛犬の起源は諸説あり、エジプトのスフィンクスに由来するとする説や、仏教が日本に伝来する際に仏像前に2頭の獅子を置く風習も一緒に伝わった、といった説が有力。これが時を経て宮中や寺、神社に置かれるようになった。狛犬は2体で対にして配置されるが、平安時代ごろから向かって右に獅子、左に狛犬と言う形の異なる2体を組み合わせるようになったとされている。獅子のほうは口を開けていて、狛犬のほうは口を閉じて頭に角を生やしているのが一般的。左右の2体を合わせて狛犬と呼ぶのが通例である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る