ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 金剛力士
    こんごうりきし

    金剛力士とは、仏教において天に住む神の一種あり、守護神を意味する「護法神」(ごほうしん)のひとつ。仁王とも呼ばれる。金剛力士を形にした金剛力士像は、口を開けた姿の阿形(あぎょう)像と、口を閉じている吽形(うんぎょう)像の2体を対にするのが一般的。猛々しい形相は2体ともに怒りの表情を表しているとされ、上半身は頑強な体を露わにし、守護神として敵が寺院内に入ることを防ぐ役目を担っている。このことから、寺院の表門などに置かれるのが一般的である。金剛力士像は各地にあるが、配置される場所柄から、時代を経て風化している物も多い。代表的な金剛力士像としては、最古の物とされる奈良県の法隆寺の物や、東大寺南大門にある高さ約8mもの巨像などがある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る