ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 祭服
    さいふく

    祭服とは、様々な宗教において、祭祀のときにその宗教の関係者が着用する衣服のこと。祭祀とは、神様や祖先を慰める儀式を意味する。集団のなかでの役割を明確にするなどの目的で着用され、宗教によって様々な祭服がある。神道では、祭祀の種類に合わせて祭服を使い分け、正装をするときには冠(かんむり)、垂纓(すいえい)、掛緒(かけお)、袍(ほう)、単(ひとえ)、指貫(さしぬき)、笏(しやく)、檜扇(ひおうぎ)などを用いる。キリスト教では、礼拝や典礼などの際に司祭が着用し、教会によって数〜10数種用意させている。様々なカラーや形が宗派によって採用されており、それぞれに意味がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る