ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ


  • さかき

    榊とは、ツバキ科の常緑樹の名称である。通常、山林に自生している種である。「神」と言う字と「木」と言う字を組み合わせた漢字名の通り、代表的な神木として知られ、神道の祈祷に必要な道具「大麻」(おおぬさ)の棒部分に枝が用いられるなど神事には欠かせない。家庭の神棚などにも葉の付いた枝を供えておき、毎月1日と15日に取り替えると言う昔からの習わしがある。榊には本榊とヒサカキがあり、本来、榊とは本榊のことであるが、関東より北の地域では気候の問題から本榊が生育しにくいため、類似種であるヒサカキが代用されることがある。また、関西や中国・四国地方など地域によっては神棚には本榊を飾り、仏花や墓花としてヒサカキが使われることも多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る