ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 参道
    さんどう

    参道とは、神社のなかにあって、拝殿へ向かって伸びる道のこと。社寺に参詣するとき、一般の人が歩いて通るための道である。ひとつめの鳥居をくぐって、社殿に着くまでの道が参道にあたる。道幅のうち、中央の部分を「正中」(せいちゅう)と呼ぶ。ここは神様の通り道、あるいは神様の正面にあたるところであることから、一般の参拝者は正中を避けて端のほうを歩くことがマナーとされる。正中を横切ることもなるべく避け、やむなく横切るときには軽く頭を下げるか神様に一礼をする。参道は人通りが多いメインの参道を表参道、脇道の参道は方角を付けて北参道などと呼ぶ。もともとは明治神宮の参道として作られた東京都の表参道などのように今でも名前を地名に残している例もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る