ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 三宝
    さんぽう

    三宝とは、仏教において最も重要だとされる要素。具体的には仏・法・僧の3つを意味する。仏は悟りを開いた人や仏像であり、法は仏の教えやそれを文章にした経典、僧は法を信じて実際に行なう修行者のことである。仏教はこの三宝を信仰することから始まるとされている。また、寺院は三宝を包み込むように置いた空間と言える。三宝の考え方は宗派や時代によって細かな点で異なり、仏は上座部仏教では釈迦、大乗仏教では釈迦のみならず如来なども含んだ複数の存在を指す。同様に、法は上座部仏教では釈迦の説いた教えであり、大乗仏教では釈迦や如来などが説いた教えとなる。この他、仏は仏像で、法は経巻で、僧は出家者であるとする解釈もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る