ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 三方
    さんぽう、さんぼう

    三方とは、神道の神事において使われる道具のひとつ。主にお神酒や食材などのお供え物を載せるために作られた木製の台のこと。素材はヒノキが中心で、他に代用の木材が採用されることもある。四角の筒型をした胴を台として、その上に折敷(おしき)と呼ばれる盆が載る構造となっていることが多い。台には4つの側面があり、3方向に穴を空けることが、「三方」の名の由来。神棚には、神のほうに穴が向かないように、折敷の継ぎめと胴に穴のある面を手前に向けて配置するのが良いとされる。一般家庭でも正月の鏡餅や桃の節句の菱餅や酒、菖蒲の節句の柏餅やちまき、十五夜のお月見団子など季節の祭事でお供え物を置く台として使い、神へ日々の感謝を表すことができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る