ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 紙垂
    しで

    紙垂とは、神道における特殊な裁ち方をした紙のこと。主に結界を張るために建物に取り付ける注連縄(しめなわ)や、祈祷に必要な玉串など様々な道具に添えられる。紙垂があることで神聖な場所であることを示す他、玉串の場合は紙垂を榊に付けたことで遷霊がされる、といった意味合いを持つ。通常、半紙や奉書紙といった白い紙が使われる。裁ち方や折り方は流派によって差異があるが、裁ってからジグザグに折り込む吉田流と言う方法が一般的。他に、代表的な物には白川流がある。ジグザグの形は神が天から降りて来るときの雷臨の様子をモチーフにしていると考えられている。紙垂は家庭でも神棚に飾られることもあり、自作するなど神社や小売店でも購入が可能。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る