ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 注連縄
    しめなわ

    注連縄とは、神社の鳥居などに張られる縄のこと。注連縄を張ることで外からの不浄な物を神前や神聖な区域へ触れさせないと言う意味があり、神聖な場所と不浄な外界の境界線となる。そのため、神社の周辺やご神木にも張られることが多い。家庭でも正月には玄関に注連縄飾りを取り付けるなど、普段から神棚に張る習わしがある。注連縄の起源は、日本神話のなかで天照大神(あまてらすおおみかみ)が引き篭もっていた天岩戸(あまのいわと)から出たときに、もうなかへ入れないように神々が注連縄で入口を塞いだことにあると言われています。形はいくつか種類があり、編み方は左ひねりが一般的。出雲大社の物が、日本最大級の注連縄として有名である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る