ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 写経
    しゃきょう

    写経とは、仏教の聖典である経典を書き取る行為のこと。書き写された経典のことも写経と呼ぶ。経典は古くは暗唱で伝えられたが、次第に書写により文字で表わされるようになり、印刷技術が発達するまでは仏法の保存に欠かせない作業であった。また、供養や功徳、僧侶の修行と言った目的でも行なわれた。中国では六朝時代に始まり、日本では673年(天武天皇2年)に行なわれた川原寺での一切経の写経が最初とされる。国家を上げて仏教の普及が図られた時代には、官立の写経所が建てられた。一般の人が集中力を付けたり字を美しくしたりするなど、学習を目的として行なうこともある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る