ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 沙門
    しゃもん

    沙門とは、出家した僧侶のこと。真理を求めて努力する人、あるいは遍歴を続ける苦行者などの意味も持つ。インドの古典語であるサンスクリット語の「シュラマナ」、または南伝上座部仏教の経典で使われるパーリー語の「サマナ」を、発音から漢文に訳した物である。仏教における出家した修行者を指すことが多い。仏教の教祖であるゴータマ・ブッダがこの世で存命だったころのインドには、自らの家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行をする人や、新しい思想を持つ人々がおり、沙門と呼ばれていた。日本では僧侶が所属する寺院や社会的な身分を記すときに、僧侶と同じ意味合いの言葉として使用されることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る