ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 出家
    しゅっけ

    出家とは、仏教の道を求める人が、道場などに入り浸って修行に没頭すること。女性であれば、尼僧とも呼ばれる。また、出家に対して、一般の家庭生活を営み仏道修行に励むことや、あるいは人のことは「在家」(ざいけ)と言う。出家はまず、いずれかの宗派の寺院へ出家の申し入れを行ない、道場側が受け入れることで可能になる。出家の覚悟の程を見極めるために、受け入れ後に僧侶の見習い期間が設けられることも少なくない。出家後の生活は宗派によって異なる。修行は数年以上にわたり、ひとつの場所で修行を積んだあとは他の修行道場に進んだり、そのままその道場で修業を続けたり、自身が寺の住職となるなどの道がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る