ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 白拍子
    しらびょうし

    白拍子とは、平安時代末期に起こり、鎌倉時代にかけて広まった歌舞のことで、歌舞を行なう人のことも指す。武士や男性貴族たちが着ていた水干(すいかん)や直垂(ひたれ)と言った衣服と立烏帽子(たてえぼし)を身に付け、白鞘巻の刀をさして男装をした遊女や子どもが、鼓を伴奏に流行している歌や朗詠を歌いながら舞ったと言われています。ただし、男性が白拍子となった例もある。伴奏のない物もあり、この場合は即興の舞が披露され、素拍子と呼ばれた。白拍子が由来となった舞が伝承され、住吉大社で踏歌神事や松苗神事で行なわれている。有名な白拍子は、源義経の愛妾であった静御前(しずかごぜん)とその母親である磯の禅師(いそのぜんじ)など。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る